新型コロナウイルス第3波~正しいマスクのつけ方~

  • 2020.11.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さん、こんにちは!😀
 
紅葉が鮮やかさを増すとともに、日に日に寒さが身にしみる季節となりましたが、皆様いかがお過ごし
 
でしょうか🍂🍁
 
日本は、冬を迎える前に、新型コロナウイルスの第3波を迎えてしまい、再び感染予防対策に対して
 
関心が高まってきているのではないでしょうか。
 
最近ではGoToキャンペーンやイベントの規制緩和により、私達国民の意識も、以前に比べて緩み
 
始めてきていると感じています。
 
千葉県では、ここ数日間で急激に感染者数が増え、過去最高の100名以上の感染者が確認された日も
 
ありました😥
 
弊社では、例年行われている12月の忘年会🍻も、残念ながら中止という判断を致しました。
 
 
感染予防対策の一つとしてあげられるマスクですが、一時期はドラッグストアの開店前に
 
行列🚶‍♀️🚶‍♂️🚶‍♀️🚶‍♂️を作ったり、お店にマスクが並ぶとあっという間に売り切れてしまい、全然
 
手に入らないこともありましたね😅
 
しかし最近では、洗って繰り返し使うことが出来るマスクが国民に浸透し、使い捨てマスクの
 
供給状況も回復して、落ち着きを取り戻してきています。
 
 
 
さて、突然ですが皆さん!
マスクについて、こんなことをついついやっていませんか❓❓🙄
 
 
その① 鼻を出した状態でマスクを着けていること
人は一度に吸う空気の9割を鼻から吸い込んでいる為、鼻を出した状態では、感染するリスクが
 
高くなってしまいます!
 
 
 
その② 飲み物を飲む時や、食事の際に、マスクを顎にずらすこと
⇒通称「顎マスク」
 
空気中に漂っているウイルスや細菌は、洋服や肌に付着していると言われています。
 
マスクを顎にずらすことにより、顎や首についていたウイルスや細菌がマスクの内側に
 
ついてしまう恐れがあります。
 
また、マスクをずらす時に、マスクの外側を手で触れてしまうことにもなるので気を付けましょう😷
 
職場や出先で飲み物を飲むときに、マスクを顎にずらしている方は、
 
マスクの紐をゆっくりと持ち、マスクの外側に手が触れないように外して飲みましょう!
食事の際は、マスクケースにしまう、持っていない場合は、ティッシュで裏表を挟んで包み、
 
カバンなどにしまうのが良いそうです。
 
マスクは、自分が周りにウイルスを移さないこと、そして周りからの飛沫をブロック出来るという
 
利点があります。
 
マスクは一番身近な感染予防対策の一つですが、正しい使い方をしなければ意味が無くなってしまいま
 
す。
 
自分が正しくマスクをつけられているか、改めてチェックしてみてはいかがでしょうか!
 
 
厚生労働省の正しいマスクのつけ方はこちら
 
 
長い付き合いになってしまうかもしれない、新型コロナウイルスですが、
 
「もしかしたら、自分に新型コロナウイルスの菌がついているかもしれない」ということを
 
意識した行動が、結果的に感染リスクを減らすことにつながります。
 
自分🧍‍♂️と周りの人達👨‍👩‍👧‍👦の大切な命を守れるよう、今一度、感染予防対策を見直し、一人一人がより一層
 
気を付けて行動をしていきましょう!!✨

ピックアップ記事

  1. HP上に「電気のQ&A」を開設致しました!!私たちの暮らしに無くてはならない「電気」ではその仕組みに...